読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ*西海岸*おいしい!おすすめ!大成功する留学ガイド

アメリカ西海岸での留学。失敗しないコツとは?おいしいお店は?大成功に導きます!

カリフォルニア治安情報*危険な治安から逃れるために*

治安の話続き。

結局、街を走っていると、ふとフリーウェイから降りたら、家がぼろかったり、道路がガタガタだったり、落書きすごかったり、「この辺治安良くないな」って気づくんですよね。

それがサンディエゴだとまだ落差はそこまででないけど、L.A.だと、場合によっては命にかかわる

いわゆるイングルウッド、ワッツ地区はギャングの危険があって、夜は車でも赤信号でも止まってはいけないとよく聞きます。むかし、やりすぎコージーでもこらあげん配合マンが潜入してましたが。。

 

これは例えばボストンにもこういう地区があって、急にあるんですよね。赤信号で待ってると刺される場所。

大都市のダウンタウン近辺には必ずと言っていいほどあるので、まずは事前の情報収集が大事。あるに決まってると思って検索かけてください。

そして甘く見てはいけない

日本では、怖いもの見たさ、という言葉がありますが、アメリカでは通用しません。絶対に行かない。特に夜。。

来てしまったけどよくわからない。そんなときの危険なサインは、

①家の玄関。 何重にも鉄格子や壁が高い、壁の上に鉄条網、落書き、とにかくぼろい

②道路に路上駐車してある車。 ぼろい、古い、何の車種かよくわからない。事故でへこんでいる。

③道路 がたがた、コンクリートはがれたまま。

④歩行者 いない、いてもやばい。そしてこっちをずっと見ている。

⑤チェーン店のトイレ。 レジでコインをもらわないとトイレに入れない。汚い。

こんなサインを見かけたらすぐ周囲を警戒して、離れたほうが良いです。

三十六計逃げるに如かず。。